ダイビングのベストスポット”石垣島”!



      このエントリーをはてなブックマークに追加

石垣島のダイビングショップの選び方

国内ダイビングエリアで13年連続人気1位を受賞している石垣島には、200を超えるダイビングショップがあると言われています。

石垣島のダイビングショップには個性的なショップがたくさんあるので、それぞれの特徴をしっかりと調べて自分に合ったショップを見つけましょう。

ダイビングショップを選ぶ時には、石垣島の海を綺麗にする活動を行っている八重山ダイビング協会や石垣島マリンレジャー組合や八重山マリンレジャー事業協同組合に加盟しているかなどを参考にする他、安全対策優良店マークなども参考にしましょう。

石垣島で思いっきりダイビングを楽しんだ後は、石垣島を一周ドライブしたりするのがおすすめです。


石垣島でダイビングをする時には、最初にどこで潜るのか、どこで潜りたいのかを決めましょう。

離島である石垣島でも、周囲は約140km、南北の長さは約40kmという大きさで、石垣島は市街地、川平、北部に大別されますが、そのエリア間は20kmから30kmは離れています。

ダイビング船は自動車よりも速度も遅くて燃費も良くないため、石垣エリアを簡単に回ることはできなく、選んだダイビングショップがあるエリアがダイビングをする主なエリアになります。

したがってダイビングショップを選ぶことが、潜る場所を決めることになります。


市街地エリアは、石垣島と竹富島、小浜島、黒島との間の海域が主なダイビングエリアです。

水深が浅くて対象となる魚や地形などがコンパクトにまとまっているのが特徴です。

川平エリアは、米原から川平湾を挟み御神崎周辺までを対象としたダイビングエリアです。

マンタポイントや大規模な珊瑚など、とても魅力的なポイントが多いのが特徴です。

北部エリアは、米原から平久保までを対象としたダイビングエリアです。

平久保までは距離があるので、アクセス可能なショップは限定されてしまいます。

自然度が高くて、広範でかつ密集した珊瑚礁、より高い透明度などが期待できます。

1つのダイビングポイントに複数のショップが集まっているのが特徴です。このように石垣島でダイビングをする時には、エリアによっていろいろな点が大きく異なってくるので、まずは自分が希望するエリアのイメージを明確にしてからダイビングショップを選んで下さい。

ABOUT

運営者
N.A.C ダイビング・チーム
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。